新人研修の内容と方法

社会人の心得を学ぶ?新人研修の内容を知ろう!

新人研修とは、新卒者や中途採用者に対して行われる研修のことです。一般的に社会人としてのマナーを学ぶことを目的としていますが、人材育成という側面も持っています。新人研修の内容としては、先ず自社企業の理念を学ぶことが挙げられます。企業理念を学ぶことで、企業活動や日々の業務を理解することにつながります。次に同期や上司とのコミュニケーションを深める大切さを学ぶことがあります。コミュニケーションを深めることは能力を最大限に活かすことや、新たな環境へのストレス緩和が期待できます。また実践的なスキルを身につける目的で、実務的な研修を行うことがあります。そして新入社員の早期離職を防ぐために、新人研修後から3ヶ月程の間に人事担当者や直属上司によるフォローアップも重要となっています。

自社にとって効果的なものは?新人研修の方法を知ろう!

新人研修には、様々な方法があります。先ず内定者研修があります。内定者研修は内定辞退を防ぐことやビジネスマナーを学ぶことが目的となり、eラーニングなどを活用する場合があります。次にOff-JTという方法では職場から離れて講義型で学んだり、様々なセミナーなどに参加して学びます。研修参加者が同一に学ぶので、決められた時間内で伝えられる情報量が多いという利点がある反面、参加者の理解度が異なるという心配があります。また実際の業務を通じて学ぶOJTという方法もがあります。講義型研修を受講した後に、実務を通してスキルを身につけることが目的です。必要なスキルを具体的に学べるという利点がありますが、講師役となる先輩社員や上司に負担が増すという難点があります。

人材育成の研修の効果を高めるため、事前に自社が抱えている問題を把握すること、事業目標達成に向けた必要な人材や人数構成を具体化し現状とのギャップを明確にすることが重要です。