中堅社員・従業員研修の内容と方法

中堅社員に求められるものとは?中堅社員研修の内容を理解しよう

若手社員と管理職の間にいる中堅社員や従業員は、数年間の経験を積み企業の重要な戦力という立場にあります。先ず中堅社員研修として、自身の仕事や役割を自覚・再確認してもらい、次のステップへの意欲を引き出すものがあります。具体的にはプレゼンテーション能力や企画力、ファシリテーション能力などを身につけるなどの内容です。またや若手育成担当や未来の管理職候補としての期待から、リーダーシップ力を磨くことも重要です。コミュニケーション能力やコーチングスキル、チームビルディング能力などの向上を目指します。そして様々な場面で発生する課題を見つけ、解決につなげる方法を学ぶ研修もあります。問題点の分析・論理的な思考力・チームをまとめるマネジメント能力などが必要であり、システマチックに理解することが求められます。さらに専門スキルを高める研修については、社外で行われる研修に参加することも考えられます。

個人に適した研修が必要?中堅社員研修の方法を理解しよう

中堅社員にはマネジメント能力やリーダーシップ能力、そしてコミュニケーション能力などのさらなるレベルアップが求められます。これらの能力は各部門で必要とされるものであるため、Off-JT研修で体系的に学ぶことができます。同様にスキルアップ制度など社内制度に関する研修の際にも、Off-JTは適していると考えられます。一方で中堅社員それぞれが持つ能力やスキル、専門知識などは異なっています。一括に同じ内容を学ぶ研修方法では、効果が期待できない懸念もあります。中堅社員個人の能力を見極め引き上げることが、必要になってきます。個人の希望やキャリア志向を把握するための1対1のコミュニケーション実施、個人の職種に見合ったビジネススキル支援などを企業が行うことで、モチベーションアップや離職防止につなげることができます。

サービス業が全体の7割程度を占めている日本において、より競争力を付けて差別化するには接客のセミナーで一生もののスキルを身に着けるのが有効です。