役員の人材育成研修の方法と内容

マネジメント研修を早い段階から取り入れよう

役員など会社の幹部が目標を持って仕事に取り組めるようにするには、人材育成研修の方法や内容にこだわることがとても重要となります。特に、部下の勤怠をしっかりと管理したり、業務の進捗状況を把握したりするうえで、マネジメント研修を早い段階から導入することが大事です。たとえば、管理職の経験が浅い社員に対して効果的に研修を進めるには、個別の研修を積極的に取り入れたり、実務に即したテーマを選択したりすることがポイントです。また、マネジメント能力の良し悪しについては、それぞれの社員の社会経験だけでなく、年齢や適性など様々なものが関係してくるため、研修の前に人事担当者がヒアリングやアンケートを行って、適切な研修について検討をすることが肝心です。

メンタルヘルス研修も積極的に活用しよう

メンタルヘルス研修は、会社の幹部にとって部下の心理的な負担にいち早く気付いてフォローをしたり、仕事上のモチベーションをアップさせたりするうえで欠かせないものとなっています。そうした中、役員をはじめとした幹部にふさわしいメンタルヘルス研修を導入するうえで、社内で人事担当者同士が意見を交わすだけでなく、時には人材育成研修の企画立案を行っている専門業者に相談をするのも有効です。また、メンタルヘルス研修の効果を高めるうえで、心理カウンセラーなどの資格や検定の試験の受験を希望する幹部のために、研修中だけでなく日々の業務の合間にもサポートを行うこともおすすめです。その他、実際にメンタルヘルス研修に力を入れている同業他社の事情も随時把握することが大切です。

販売の研修はお客様に対する言葉遣いやマナーなどの基礎的なスキルだけでなく、現場で使えるテクニックなど実践的なスキルを学ぶ場です。